中京重機
中古重機・建機の買取実績No.1の中京重機のオフィシャルブログ

何でもお気軽にご相談ください!

電話:0120-083-667

International:+8152-701-5188

中京重機ブログ

中京重機のオフィシャルブログです。

2019 04.26

重機・解体機用アタッチメント大集合!!キャタピラー協力企画展「工事中!」

投稿者: 横井 利恵

カテゴリ: 重機建機建設機械買取り中古重機油圧ショベルアタッチメント解体工事中!

こんにちは。営業部の横井です。

少し前までは肌寒いくらいと思っていた気温も一気に
上がり、名古屋ではまだ4月だというのに27度超えの
夏日となりました。

花粉もヒノキがピークを迎え、また合わせて黄砂も
飛んで来るようになり、洗車が欠かせない時期と
なりました。

そんな中、私は現在東京・お台場の「日本科学未来館」で開催中の「工事中!」という企画展に足を運んで
参りました。

毎度私がブログを書くタイミングには前回もそうでしたが何かしら建機に関するイベントがありまして、今回もどんなイベントだったのかを書いていこうと思います。ご興味のある方はどうぞお付き合いの程よろしくお願いします。

DSC_1757-1

解体現場でも活躍!? 四脚双腕型コンセプトモデルが展示!!

今回は油圧ショベルやブルドーザーをはじめ、解体機に使用する大割機や鉄骨カッター等のアタッチメント類が展示されており、普段の中古建設機械の販売の仕事ではなかなかお目にかかれない「新車」が沢山見られるとの事で、以前から気になっていた展示会です。

現在、東京ではオリンピック関連の建造物に合わせて様々な建設機械が現場で動いている最中ですが、防音壁などに囲まれて解体現場や建設現場の中を見ることはできません。
この企画展では、実際に工事現場の中でどのような建設機械がどのように動いているかを紹介してくれています。

DSC_1690

入口を入って出迎えてくれたのは日立建機の四脚双腕型コンセプトモデルです。
建設・土木・鉱山や解体現場、林業や産業廃棄物処理業・金属リサイクルの現場などにおいて作業が行える四脚クローラーのショベルです。弊社が得意とする木質破砕機やジョークラッシャー、土質改良機等が活躍していそうな現場ですね。

現在ではクローラーが一体となっており、不安定な場所での作業は安全の面などから懸念されていますが、四脚クローラー方式により今後、不整地の現場での作業効率が上がり、また作業領域自体が広がっていくことを想定して開発された機械との事です。
現在販売が行われているアスタコの改良型という感じでした。
また、国産第一号の油圧ショベル、三菱のY-35型もオールシルバーにリペイントされて綺麗に展示されていました。なかなかお目にかかれない貴重な油圧ショベルです。仮に買取査定してみたらどれくらいの価値がつけられるか?面白そうですね。

他にも、実機としてはCAT製の乾地ブルドーザーとホイールローダーと油圧ショベルの新車が展示されていました。

想定されている現場が掘削だけではなく解体などもあるのでしょうか、様々なアタッチメントが取り付け可能な5本配管仕様のショベルが展示されていました。解体仕様油圧ショベルの中古重機等、弊社で扱っている特殊仕様油圧ショベルには5本配管の仕様も多いので親しみを持ってしまいました。

また展示されているだけではなく、エンジンカバーやサイドカバーが開けてあり、間近でエンジンや内部の構造を確認することができました。
油圧ショベルをいつもは遠目からしか見られない一般の方々には興味が惹かれる部分だったのではないかと思います。

その他には、冒頭でも少し書きましたが、解体機に取り付けて使用する大割機・鉄骨カッター・フォークグラブ・マグネット付小割機や産廃用のマグネット等のアタッチメント、また普段ではなかなかお目にかかれないカニクレーンも展示されていました。

DSC_1753DSC_1743

他にも重機・建機のたくさんの見どころが満載の展示会!!

様々な重機が展示されている横では、部材などと共にパネル展示も多くありました。

DSC_1754

外側からは見えにくい足回りの構造を一部切り取った形で部品展示されていたり、掘削時に使われる重機や工法の説明や、実際に建機がどのように動いて作業を行ったりするのかを映像で見ることが出来ました。

掘削のためのテレスコアームも展示されており、特に、建設機械を形造る素材がどれだけ進化しているかなどが分かりやすく説明されていました。
その他にもまだまだクレーンや鉄骨の紹介、工事現場で活躍する人々の作業服など様々な展示物がありました。

普段何気なく見ている工事現場ですが、実際にどんな部材DSC_1734-2DSC_1734-2を使用して、どんな建設機械が現場で使用されているのかを知るには良い企画展だったと思います。なおパネルにはルビがふってあり、またキャビンに乗れる建機も何台かありましたので、ご家族で行かれると楽しい場所ではないのかなと思いました。

本当は今回この企画展に行けるかどうかが直前までわからなかったのですが、無事に行くことが出来て良かったです。この企画展は5/19()まで開催しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録ご希望の方はこちら

sn_bnr_magazine-1

重機の買取を検討される方はこちら   

img_pickup04

            

まとめ

 ・企画展「工事中!」には重機・解体機用アタッチメントが集まっていて大興奮でした。中でも日立建機の四脚双腕型コンセプトモデルは必見。

・中でも日立建機の四脚双腕型コンセプトモデルは必見。

・「工事中!」では解体機・解体機用アタッチメントの見どころが満載でした。

関連記事

最新の在庫状況はこちら

メールマガジン購読

投稿者プロフィール

横井 利恵

横井 利恵

カテゴリー一覧

see all
  1. ホーム>
  2. 中京重機ブログ>
  3. 重機・解体機用アタッチメント大集合!!キャタピラー協力企画展「工事中!」

ページの先頭へ