中京重機
中古重機・建機の買取実績No.1の中京重機のオフィシャルブログ

何でもお気軽にご相談ください!

電話:0120-083-667

International:+8152-701-5188

中京重機ブログ

中京重機のオフィシャルブログです。

2019 12.16

重機買取査定レポート in 北海道!!

投稿者: 奥山 雄作

カテゴリ: 建機買い取り環境機械中古重機油圧ショベルくるくるダンプ査定出張北海道

皆様、お久しぶりです。営業部の奥山です。
今年もあとわずかとなってしまいましたが、やり残したことはありませんか?
私は自宅の大掃除を始めようと思っているのですが、なかなか手が付けられず・・・
なんとか連休前に終わらせられるようそろそろ動き始めます。

それはさておき、先日北海道に出張買取査定に行ってまいりました。
検品したのはくるくるダンプと解体仕様油圧ショベル!
今回はそのことを記事にしたいと思います。

北海道

まずはコマツ製くるくるダンプCD110R-1!

そもそもくるくるダンプとはどういった重機なんだろう?と思った方もいらっしゃるでしょう・・・くるくるダンプとはクローラーダンプの仲間に含まれ、クローラーダンプは不整地運搬車の一種です。その名の通り走行方法にクローラーを採用していて接地圧が低い為、泥や水を含む柔らかい粘土質の地盤や傾斜のきつい土場 でも土砂や荷物をのせて走行することができる重機です。
その為、通常のダンプカーでは林道を整備しないと走行できないような、不整地の現場で活躍ができます。
このコマツ製くるくるダンプCD110R-1はキャブとベッセルがある上部が360度回転可能で、Uターンせずに上部のみを回転させることで常に前進することができ、作業スピードがアップします。
また、Uターンをする必要がなく思った場所で方向転換できるので、狭い土場で威力を発揮します。路盤を傷めることとを心配することもありませんし、バック走行する必要もないため作業の快適性・安全性も向上します。
他にも不整地運搬車には林業用などの仕様もありますがそれについてはまたの機会に・・・

s-20191026_043117965_iOSs-20191026_045244673_iOS

とにかくインパクトがすごかったコベルコ製高所解体仕様油圧ショベルSK350DLC-9!

続いて拝見させて頂いたのはコベルコ製解体仕様油圧ショベルSK350DLC-9。私が今まで査定した中で最大クラスの油圧ショベルで、しかも3段ハイリフト!とにかく大きかった以外の言葉が見つかりません。
3段ハイリフト、解体仕様機の査定に一人で行くのは今回初めてでしたので、行く前に色々と勉強していきました。

20-1まずパッと見て標準仕様の油圧ショベルとの違いで気付く点と言ったらブームではないでしょうか。

解体仕様のブームには、各建機メーカーがそれぞれ名前を付けています。「セパレート」「セミロング」「ツーピース」「3ピース」「ハイリフト」「3つ折れ超ロング」「ショートリーチ」などなど色々なタイプがあります。

一般的な油圧ショベルと違って、解体仕様の油圧ショベルはブームを一直線に伸ばせます。(一般的な油圧ショベルのブームは「くの字」状に湾曲しています。)

特にブームとアームの中間にもう一つアームを挟むことで長いリーチと複雑な動きを両方兼ね備えた三段タイプや三つ折れタイプとい言われるフロントを持つ解体仕様油圧ショベルは、ビル解体等に活躍します。

高所解体現場で出会うビルの高所を解体できるよう、ブームがよりキャビンから離れた遠い位置にまでストレートに届くような形状になっています、これは重機を操るオペレーターから、破砕の位置までの距離を確保するという意味でも有効です。

また、圧砕機(大割機・小割機)・ブレーカー等の 解体作業に使用するアタッチメントが使えるよう、アームの油圧の配管の数が汎用機と異なっています。5本配管搭載のものが比較的人気ですね。

安全性能の面でも他にも標準仕様とは異なった特徴があります。
解体現場には破砕したコンクリート片などが散らばっていますので、現場で安全に走行できるようにクローラーのガイド数を増加したり、オペレーターを守る為のフロントガードや落下物に備えたヘッドガードがキャビンに標準装備されています。

他にもメーカーによっての違いなどもあるのでもっと知りたいなという方がいらっしゃいましたら以前のブログで詳しく紹介しているのでそちらをご覧ください。

弊社では特に特殊仕様油圧ショベルやリサイクル建機の買取に力を入れています。
特殊な建機の売却を考えていらっしゃる方やお探しの方、ぜひ一度弊社にご相談ください。

 

 

メルマガ登録ご希望の方はこちら

sn_bnr_magazine-1

重機の買取を検討される方はこちら   

img_pickup04

       

まとめ

・コマツ製くるくるダンプCD110R-1は軟弱地盤、傾斜がある地面でも土、荷物をのせて走ることができ、狭い現場でも大活躍!

・コベルコ製解体仕様油圧ショベルSK350DLC-9は解体作業でビルの高い場所や地下まであるような基礎部分を解体できる!

・リサイクル環境機でしたら全国どこへでも買取査定に伺います!

関連記事

▼▼ 買取りお見積りの方は、お気軽にお問い合わせください! ▼▼
重機の買取査定フォームはこちら

※弊社HP内にあります期間限定の査定額アップキャンペーンからお問合せ頂ければ+10%がんばります!

メールマガジン購読

投稿者プロフィール

奥山 雄作

奥山 雄作

カテゴリー一覧

see all
  1. ホーム>
  2. 中京重機ブログ>
  3. 重機買取査定レポート in 北海道!!

ページの先頭へ