中京重機
中古重機・建機の買取実績No.1の中京重機のオフィシャルブログ

何でもお気軽にご相談ください!

電話:0120-083-667

International:+8152-701-5188

中京重機ブログ

中京重機のオフィシャルブログです。

2018 09.02

貿易事務のプロが教える「輸入の流れ」

投稿者: 文 智礼

カテゴリ: 中古建機輸出建設機械中京重機海外貿易三国間輸入

こんにちは、中京重機の文です。

連日猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?9月に入り夏も終わりを告げようとしています。

今年のお盆休みは里帰りで、「セントレア⇔INCHEON」旅程で韓国に一時帰国しましたが、セントレアではたくさんの方々で混雑していました。お盆ということで、海外旅行でも行かれたのでしょうか。

海外に行かれたことのある方々なら「飛行機に乗るだけなのに、手荷物検査や何とか審査など・・・なんだか緊張する場面が次から次へ・・・。
漸く着いたかと思いきや、また何とか審査、コンベアベルトで荷物待ちなど・・・何だか疲れる・・・ε-(´・`) フー」と思う方々もいらっしゃるかと思いますが、この「流れ」実は貿易も一緒で~~す!

BLOG_MOON_2018AUG(2).jpg

【1】テキストよりイメージ

さて、前回は輸出の流れについて説明致しました。
引き続き、今回は輸入の流れについて説明させて頂きたいと思います。
前回と同じく下記のような例えでイメージつけて頂けたらと思います。

<例>
 ■中京ちゃんのお友達アメリカちゃんが(はい、アメリカ人です)、夏休みを迎え、日本に遊びに来ます。
 ■タンデムローラーという機械をオーストラリアから名古屋港揚げにて輸入します。

 ※中京重機は長年に渡って、海外からも仕入れを行っております!世界各国ではございませんが、あちらこちらに長年お付き合いさせて頂いているサプライヤーがいます。三国間貿易も行っております!※

BLOG_MOON_2018AUG-1

 上記を参考にしながら、自分がどのような順番で海外旅行や出張などから日本に入国していたか思い出してみてください。 輸入も流れとしてはほぼ一緒ということがお分かりになりましたか?

 ■「パスポート、入国申告書」「通関書類(INVOICE, PACKING LIST, B/L) 

前回もご説明させて頂いたように、パスポートには私たちの情報が記載され、顔写真も貼ってあり、身分を証明してくれるものです。書類(パスポートと入国申告書)と現物(私たち、上記だとアメリカちゃん)が同時に審査されます。

 

輸入審査の際、輸出と同様に税関はまず、書類にて審査を行います。入国審査の際にはなぜか緊張してしまいますね~

その際大事なのが通関書類(INVOICE, PACKING LIST, BL)。書類には貨物商品の詳細が書いてあります。書類だけでは分かり難い・危険物への恐れがある、我が国へ入れるのはのぞましくない等と判断した場合を含め、ランダムで現物検査の対象になる場合もあります。

 

■「ARRIVAL NOTICE(A/N)、本船入港通知」

 

A/N兼請求書になっていることが多いです。A/Nが届きましたら、速やかに支払いを行った方が通関手続きもスムーズにできます。しかし、CHECK POINTINCOTERMSによって、請求書の内容が違います!請求書が届いたって何もかも支払うわけにはいけません!ので、要注意です!

 

FOBにて輸入する場合-----運賃後払い(Freight Collect)条件ですので、運賃は輸入者が支払います。

CIFにて輸入する場合----運賃先払い(Freight Prepaid)条件ですので、運賃は輸出者が支払っているはずです。

A/N
CHECKし、まずは何の条件の案件なのかを確認し、請求内訳を確認するようにしましょう。確認するための材料はINVOICE, PACKING LIST, BLですね。心当たりのない請求内容がある際には船会社や乙仲に相談した方が良いです!

 

◆輸入事情あるある・・・・船が入港しましたら、荷揚げ後、貨物は一旦保税倉庫へ移動となります。保税倉庫に入庫した貨物なら通関の対象になりますが、何時までも置いていてもらえるわけではありません。一定の保管期間を過ぎると「保管料」が発生します。保管料の掛からない期間を「フリータイム(Free time, F/T)」と言います。通関依頼先の乙仲にもよりますが、30日間が許容されます。F/Tを過ぎますと「返還延滞料Detention Charge」が保管料とし発生するので、要注意です!通関に予想外に時間が掛かってしまうことで搬出できず、保管期間が延びてしまうことなどを防ぐためには、船が入港する前から余裕持って、通関書類を輸出者から入手し、乙仲に依頼しておくと良いです!

今日も大まかな説明で恐縮ですが、ご自身の海外旅行で入国した際の経験などを思い出しながら、輸入の流れをイメージしてみて下さい。

 

中古建機の輸入・輸出なら、経験豊富な弊社にぜひお問い合わせ下さい!

 

新着在庫情報や買取強化中のリストなどお知らせします。   

sn_bnr_magazine

重機の買取を検討される方はこちら   

img_pickup04

 

 

まとめ

■イメージで輸入流れをつかむ!
 輸入=入国


■登場貿易用語
ARRIVAL NOTICE(A/N)、本船入港通知」
「フリータイム(Free time, F/T)
「DELIVERY ORDER(D/O)、荷渡指図書」「輸入許可書」

関連記事

▼▼ 建機・重機をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください! ▼▼

 お問い合わせはこちら

メールマガジン購読

投稿者プロフィール

文 智礼

文 智礼

カテゴリー一覧

see all
  1. ホーム>
  2. 中京重機ブログ>
  3. 貿易事務のプロが教える「輸入の流れ」

ページの先頭へ